ハウスガードシステム

ホーム > コンクリートに代わる土木資材O&Dウッドとは? >高耐久処理木材

高耐久処理木材

間伐材利用の促進

 

 

しかし、間伐材の半分は利用されることなく放置されています。間伐材をさまざまな用途で利用出来れば、山に放置されることが無くなり、山林の活性化や地球温暖化防止にもつながっていきます。この間伐材を有効利用しないと・・・利用していくうえで・ ・・・・ いくつかの問題があります。

間伐材   










  間伐材利用の問題点 1 (CO2排出→地球温暖化)

 

まず、間伐した木材を山に放置してしまうと、数年後には朽ち果てて、何年何十年かけて木材が吸収したCO2を放出してしまい、地球温暖化につながってしまうのです。

地球温暖化   















  間伐材利用の問題点 2 (シロアリ、腐れ被害)

 

また、せっかく利用しても間伐材をそのまま屋外で使用すると、やはり数年で腐ったり、シロアリの被害にあうことでボロボロになります。鉄やコンクリートより耐久性で劣ってしまうことで使用用途が制限され、利用の拡大につながらないという問題があります。このことから、資源の有効活用や環境への貢献もなかなか進んでいないのが現状です。

シロアリ 腐れ被害   





   

 

O&Dウッド処理システムで間伐材が高耐久処理木材に生まれ変わる

 

間伐材をさまざまな用途で利用できるようにしたい!
その思いが、コシイプレザービングの開発した高耐久化処理木材
間伐材有効利用の決め手!「O&Dウッド」なのです。



 

 

 

1 ・ 木材に保存処理を施すことで高耐久化されます。
2 ・ 優れた効果は推定30年以上の耐久性を発揮します。
3 ・ 木材に吸収されたCO2を腐れなどによって放出させることなく
   長期にわたり固定します。
4 ・ O&Dウッドなら従来適していなかった土木的な利用分野への
   使用が可能で、
   コンクリートと同じような資材として活用できます。

   

 

 

 

 

 



O&Dウッド処理システム


O&Dウッド(優れた耐久性)

  間伐材利用の問題点 2 (シロアリ、腐れ被害)

 

O&Dウッドは 『 圧縮加工+加圧式注入処理 』 をしているため、一般 にいう防腐処理とはレベルが違います。自社試験、公的機関 (森林総合研究所) によるマイトレッ クACQの腐朽試験では、現在21年を経過してもなお被害を受けておりません。

 




推定30年以上の耐久性推定30年以上の耐久性






O&Dウッド(10年保証)



 

外部の施設としての 『 品質・性能・耐久性 』 を保証する木材製品・部材として、ODウッドは10年の保証を設けています

10年保証   






O&Dウッド(使用保存剤は安全です)

 

O&Dウッドに使用する保存剤は、木材の保存剤に適合した「マイトレックACQ」 で、環境への影響は無く、高い安全性を持っています。(財)日本食品分析センターに依頼した魚介類に対する試験結果でも、通常の使用方法では毒性に問題が無いA類と判定され安全が確認されています

 

 



 

  O&Dウッドに使われている保存の主成分、銅、塩化ベンザルコニウム

※保存加工木材としての野外での薬剤溶脱試験では、過酷な条件下でもほとんど溶脱されないことが証明されています。
保存加工材の焼却処理を行った場合でも周辺環境を汚染する心配はありません









  水棲生物、ハムスターも元気に生きています


水棲生物への安全性が公的機関にて確認されていますので、安心して水辺での使用もできます。








O&Dウッド(幅広い用途に利用)

 

O&Dウッドは品質の安定と高耐久性の実現により、公園整備・景観資材に加え土木工事における構造物の資材としても十分な機能を発揮します。

 


国土交通省の推奨

 

国土交通省では、民間事業者等により開発された有用な新技術を公共工事等において積極的に活用していくため、新技術情報提供システムNETISを運用しています。O&Dウッドを使用した様々な工法は、このNETISに登録しています。

 

 

国土交通省の推奨

自然環境に貢献

 

木材が自然素材であることから、
優れた景観の創出や自然環境の保全にも貢献します。

 

 

O&Dウッドは自然と調和します

 

 



 



  コンクリートと鉄と比較して、加工時のエネルギー使用量や二酸化炭素の排出量が少ない


コンクリートや鉄と比較して、加工時のエネルギー使用量や二酸化炭素の排出量も少ないことから、地球環境にも優しいのです。